バイクメンテナンスなら、RSGショップ│レーシングマシン・レーシングスーツのメンテナンスから、レーシングパーツ・備品までフルサポート!

HOME > RSGレース活動

サポーター募集

RSGでは、レース活動を支援してくださる
サポーター様を募集しております。

RSGレーシングは、モーターサイクルレースをスポーツ競技として真剣に取り組んでいます。
毎年全日本選手や九州選手権、鈴鹿4耐などにチャレンジしています。
そんなRSGレーシングを応援し、一緒に戦って頂けるサポーターを募集しています。

現在のスポンサーさま

RSG には「RSG レーシングクラブ」と「RSG レーシング」があります。

「RSG レーシングクラブ」「RSGレーシング」共に「スポーツ」ですから楽しむ事が大前提!! まずは、「RSG レーシングクラブ」で各サーキットレベルに合わせた色々なレースやイベントレースなどを楽しんでみましょう!

RSGレーシングファミリー
RSGレーシングチーム

RSG レーシングクラブ

「レーシングクラブ」は、純粋にスポーツイベントとしてのレースを楽しむ人たちのクラブです。耐久レースに参加したり、ミニバイクレースに出場したり、速い遅いは関係ありません。
趣味ですから楽しんだもん勝ちです!RSG ではバイクレースを生涯スポーツと考えています。なぜなら走るのはあなたじゃなくて「バイク」なんです(笑)!ですから技術さえあれば何歳になっても乗れるのです。 さぁ!一緒に楽しみましょう。

RSGとしては、プロのレース以外では速いライダーが
偉いとはまったく思っていません。
サーキットで尊敬されるべきは、マナー・ルールをわきまえ
モータースポーツを真剣に楽しむライダーだと考えています。

RSGレーシングクラブ

RSGレーシングチーム

「RSG レーシング」は、プロライダーになることを視野に入れ、選手としてレース競技に取り組むチームです。

スポーツなので楽しむ事は大前提! しかし本気で真剣に楽しみます。 所属のライダーには皆木が、ライディングコーチとしてのノウハウを全て注ぎ込んでいます。  レース競技には、メンタル(心)、テクニック(技)、フィジカル(体)、ヒューマンパワー(人)、この4つが必要です。 特に最後の「人」の部分はレースを引退したあとの人生にも影響します。選手には、やれる環境を与えてくれている周りへの感謝を常に忘れず、頑張ってもらいたいと思っています。

RSGに加入したライダーはほぼ全員、国際ライダーになり、九州チャンピオンにもなっています。

2007年から本格的なレースへ参戦して以来、STR600クラスにおいて、国内、国際合わせて6回のチャンピオンを獲得、またアジア選手権参戦や、5名の鈴鹿8耐ライダーも輩出しています。彼らはもともと速かったライダーばかりでは有りません。どちらかと言えば悩んだ末にRSGの門を叩いたライダーの方が多いのです。しかし彼らの一生懸命な思いと、コーチングのノウハウが相乗効果となり成績に表れました。レースはお金のかかるスポーツです。早く速くならなければ続けることも難しくなってしまいます。 いかに効率よくレベルを上げるかなのです。
レースを真剣に取り組んでみたいライダー、一緒に燃えてみませんか!? 速い遅いは関係有りません。何といっても選手の「レベルを上げる」「進化させる」事が楽しくて、私はRSGレーシングを主宰しているのですから。

RSG レーシング監督兼コーチ  皆木栄人

RSGレーシング

RSG レーシング主な成績

ラウンド ライダー クラス ランキング・その他
2009年 《九州選手権》 岡村 光矩 ST600(国内クラス) チャンピオン
2009年 《サウスエリア選手権》 岡村 光矩 ST600 チャンピオン ※オートポリス/HSR九州コースレコード樹立
2009年 《鈴鹿NGK杯》 岡村 光矩 ST600 優勝
2009年 《鈴鹿4時間耐久レース》 岡村 光矩・蒲谷朋大 組 ST600 7位 完走
2010年 《全日本選手権》 岡村 光矩 ST600 22位(※3戦のみ出場)
2010年 《九州選手権》 川嶋 恭史 ST600(国内クラス) チャンピオン
2010年 《鈴鹿4時間耐久レース》  蒲谷 朋大/中迫 申吏 組 ST600 6位 完走
2011年 《全日本選手権》 岡村 光矩 ST600 12位
2011年 《九州選手権》 西山 尚吾 ST600(国際クラス) チャンピオン
2011年 《九州選手権》 蒲谷 朋大 ST600(国内クラス) チャンピオン
2011年 《九州選手権》 中迫 申吏 ST600(国際クラス) ※HSR九州/オートポリス コースレコード樹立
2012年 《九州選手権》 西山 尚吾 ST600(国際クラス) チャンピオン
2012年 《全日本選手権》 西山 尚吾 ST600(国際クラス) 26位 ※スポット参戦
2014年 《全日本選手権》 西山 尚吾 ST600 26位 ※スポット参戦
2015年 《鈴鹿8時間耐久レース》 西山 尚吾/東野 賢悟/皆木 栄人 組 SSTクラス 8位(総合46位)完走
2015年 《全日本選手権》 西山 尚吾 ST600 26位 ※スポット参戦
2015年 《九州選手権》 本川 楓 CBR CUP ※SPA直入コースレコード樹立
2016年 《九州選手権》 岡本 雄一郎 ST600(国際クラス) ※SPA直入 コースレコード樹立
2016年 《九州選手権》 有村 晧介 CBR CUP チャンピオン オートポリス・SPA直入シリーズ